骨あげ

骨あげ

葬儀当日の全体の流れ
骨あげ


骨上げついてみていきたいと思います。

火葬が終わると、火葬場の担当の方が、知らせてくれますので、骨上げを行う 準備に入ります。 まず、骨上げとはなにかというところからみていきましょう。

骨上げとは・・・ 火葬後の遺骨を箸で拾い骨壷に納めることであり、 故人と血縁関係の深い人から十番に回し渡すか、または2人一緒に拾い上げる事です。

2人でお骨を挟んで骨壺に納める事を、「はし渡し」といいます。 なぜ、箸を利用するのかと言うと、故人が、三途の川を渡るときに、 橋をかけることができるように、という遺族の願いが形になり、 由来したものです。 骨上げにもそのような理由があります。

骨上げは、一般的に、最初に喪主がはじめ、そして故人との関係が深い 順番ですすめられますが、宗派や地域によって違いがあります。 火葬場の担当者の方が色々と指示をしてくれますので、 指示に従い速やかに心を込めて行ってください。

骨上げは、最初に歯を拾います。その後、 足→腕→腰→背中→胸→頭という順番で拾います。 そして一番最後に喉仏の骨を拾います。 喉仏を拾うのは、故人と最も縁の深い人が行います。 骨上げが終わると、担当者の人が骨壺を白木の箱にいれてくださりますので、 それを受け取り、火葬は終了になります。

Calendar