遺骨法要

遺骨法要

葬儀当日の全体の流れ
遺骨法要


遺骨法要ついてみていきたいと思います。

火葬場での一連の流れが終わりましたら、火葬場から自宅もしくは式場へ戻ります。 その際に、火葬場から帰ってきた人、全員に玄関先でお浄めを行うのが通例です。 式場へ残っていた人が、お浄めの準備をして待ってくれていますので、それに 従います。流れとしては下記のようになります。

式場(家)に残っていた人が、ひしゃくで水をすくい、火葬場から帰ってきた人の手に 水をかけます。

その後、タオルで手を拭いてもらいます。

タオルで手を拭いてもらったのち、背中と胸に塩をひとふりしてもらう と言う手順になります。

最近では、塩を地面に撒いて広げ、全員でその塩を踏んで清める方法もあるようです。

その後、式場の中に戻り、遺骨を祭壇に安置します。 喪主は骨壺の入った、骨箱を後飾り壇のまんなかに安置します。 骨箱の前には遺影や位牌を飾ります。 骨箱の安置が終われば、僧侶による読経がはじまります。 そして、一同、焼香を行います。

この後、精進おとしにうつるのですが、最近では、 故人が亡くなってから「7日目」に行う付け初七日忌法要を行ってしまうことがおおくなりました。 弔問客の中には、遠方から来てくれている人もいますので、 最近ではこのような流れになったようです。

Calendar