無宗教と自由葬

無宗教と自由葬

無宗教の方もどんどんと増えてきています。

最近では、あまり宗教を信じないという事で普段から無宗教であるという事を前面に押し出している方もいるほどです。

これからはさらに無宗教の方もどんどんと増えるでしょう。
その無宗教の方ですが、一つ問題になってしまうのが、葬儀というものです。

葬儀につきましては、どのような考え方を持って行えばいいのかという事です。

無宗教ですと仏式や神式の葬儀を出すことはできません。

そこで出てきているのが、自由葬です。自由葬はいろいろな考え方もあるのですが、一般的には無宗教の方の葬儀となります。

特に宗教関係者が出てくることもなく自由な雰囲気でお別れ会のような流れで葬儀が行われます。
出席のしやすい葬儀という事で、広まりつつあります。

 

葬儀で着ていく服には注意をする

葬儀は自身が会社を選ぶだけではなく、他の方が選ぶときもあります。

例えば、親しい方が亡くなられた場合です。親しい方が亡くなられた場合、その方の葬儀に行くことになります。

葬儀は厳粛な雰囲気で行われることになりますので、当然相手の親族に無礼になるようなことがあってはなりません。

そこで、一定のルールを理解して葬儀に参加するべきでしょう。
最も簡単ことで言えば、服装です。

葬儀で着ていく服装は地味なものが好ましいので黒にこだわる必要はありませんが、
光沢のある服装は避け無くてはいけません。

明るいものは葬儀には不釣合いと解釈されており、これはどこの宗派でも同じであると言えます。
まずは最も基本的な服装のマナーを理解して葬儀に参加することが大切になるのです。

 

 

Calendar