葬儀における精進揚げと精進落とし

葬儀における精進揚げと精進落とし

葬儀と関連する用語として、精進揚げと精進落としというものが存在しています。
どういった意味なのかよく分からない方もいるでしょう。非常に大切な部分ですので、きちんと区別がつけられるようにしておきましょう。

葬儀をする時には特に重要なものになります。
では、葬儀とかかわりのある精進揚げですが、精進料理を頂くという事です。肉の含まれない料理を頂くことになります。そして、そう意義が終わりましたら精進落としを行います。

精進落としというものですが、基本的に肉を含んだ料理を食べることになります。
葬儀用語の一つでありますが、前もって知っておくべき事でもあります。
ただ、葬儀会社のほうからいろいろと説明もあるかも思いますので、その時に改めて把握しても良いです。

葬儀で着ていく服には注意をする

葬儀の形態にはさまざまなものがあります。その中で最近注目されているのは、『一日葬』です。

この一日葬は通夜を省略し、葬儀・告別式を一日で執り行う形態です。通夜を行わないため、遺族は弔問客に対応する精神的負担を軽減することができます。

また、通夜ぶるまいの料理や酒類が不要となり、経済的負担も抑えられます。「ごく身近な親族だけで葬儀をするので、できるだけ簡素化したい」「親族に高齢者が多いので、身体的疲労を防ぐためにも葬儀日程を短縮したい」「二日間にわたる葬儀をすると、遠方からの参列者に宿泊費などの負担を強いてしまう」

こうしたことを考え、一日葬を選ぶ人が増えているのです。
ただし、菩提寺がある場合は、先方の了解を得ることが必要不可欠です。故人の臨終から通夜、葬儀は宗教的行事の一連の流れであり、その一部を省略することを好まない寺院もあるからです。
また、一日葬においても、葬儀会場は前日から祭壇などを設営して準備を行います。そのため会場使用料は割安になりませんので、注意が必要です。

 

Calendar