弔辞を拝受その2

弔辞を拝受その2

葬儀当日の全体の流れ 
弔辞を拝受その2


回し焼香について深めて行きたいと思います。

この形式の焼香に出くわすことはあまりないかと思いますが、自宅での葬儀などの場合は、出会わす可能性が重々にありますので、
しっかりとそのその作法の手順を身に着けておいてください。

上記でも述べましたが、前項で述べたような祭壇があり、祭壇の前におかれた、焼香台の前に行き立礼焼香や座礼焼香などが行われます。

ですが、狭い自宅などで葬儀を行う場合は焼香台を置くスペースがない場合があります。このような場合に、弔問者が自分の席で焼香ができるように、香炉と抹香などをお盆にのせて、回してお焼香をしてもらます。この作法のことを、回し焼香と一般的に呼びます。

では、焼香の順番が回ってきた際に、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。

①前の人から、焼香一式がのったお盆が回ってきたら、一礼して受け取ります。
↓※この時、右側に抹香、左側に香炉がのっているのが普通です。

②回ってきたお盆を、自分の膝の上か、自分の前にお盆を置きます。

③抹香を右手の親指、人差し指、中指の3本の指でつまみます。

④頭を少し垂れ、額の高さほどまで持ち上げます。

※回数や方法が宗派によって異なりますので、後程説明します。

⑤額まで上げた手をおろし、そのままつまんだ抹香を香炉の中に落とします。

⑥ ⑤~⑥を繰り返しますが、宗派により異なりますので、後程説明します。

⑦焼香が済んだら、隣の人に軽く一礼をしてお盆を両手で回します。

Calendar