閉会

閉会

葬儀当日の全体の流れ 
一般参列者による焼香が行われ、閉式へ


弔電、弔辞、などが終われば、僧侶の指示により、一般参列者の焼香が行われます。

僧侶の合図があれば、遺族から関係の深い人から順に焼香をしていきます。 このあたりの流れも、通夜の時と特にこれといった変わりはありません。

そして、一般の参列者まで順に焼香をしていきます。 一般の参列者の焼香が行われている間も、僧侶は読経を続けていますので、 速やかに、焼香をおわらせて自分の席に戻りましょう。

一般の焼香が終われば、葬儀は閉会に向かいます。 僧侶が、全員の焼香が終わるころを見計らい、読経を終わり、 退場します。

参列者は、正座のまま、黙礼し、僧侶を見送ります。 そうすると、まもなく、司会者もしくは世話役代表により、閉会の挨拶がなされます。 内容としては、下記のような感じで、挨拶をするといいでしょう。 「これを持ちまして故○○殿の葬儀が滞りなく終了致しました。 この後、告別式を行いますので、今しばらくお待ち下さい」

その後、しばらくの休憩をはさみ告別式がはじまりますので、 この間にお手洗いなどをすませておいてください。 葬儀の間に遺族がこれといって行うことは特にありません。 一般の参列者と同様に、粛々と葬儀の流れに沿って、故人を偲んでください。

Calendar