別式

別式

葬儀当日の全体の流れ 
告別式が行われ、閉会へ


告別式から喪主の挨拶までの流れを深めていきたいと思います。

葬儀が終わり、少し休憩がはさまれた後に、告別式がはじめられますので、 その流れについての確認になります。

告別式では、葬儀の座り方とは変り、喪主、遺族は座る位置が変わります。 会葬者の方を向くような形で座り直す形になります。 これは、焼香をしてくれた、会葬者にお礼のおじぎができるように、配慮されたものです。

喪主、遺族の座席の座席の配置が終わりましたら、世話役に、 僧侶の入場を促してもらい、再度、僧侶が入場をします。 ここからの流れは、基本的には通夜、葬儀と同じになります。

一つだけ、違いがあるのですが、遺族は、会葬者が焼香をしてくれる前に一礼をしてくれますので、 それに合わせ、一礼をし、さらに焼香が完了後にお礼の一例をするという形になります。 会葬者の一同の焼香が終わるまでは、この一連の流れが続きます。

そして、焼香が終われば、僧侶の退場となります。 告別式では、出席者は起立し、軽く礼をした状態で、僧侶の退場を 見送る形になります。 この後、司会者による閉会の挨拶があります。

司会者の閉会の挨拶が終わった後は、 故人との最後のお別れ、別れ花、出棺へとつづきます。

Calendar