出棺

出棺

葬儀当日の全体の流れ
出棺


出棺についてみていきたいと思います。

出棺までの流れとしましては、故人とのお別れの儀が終わり次第、 葬儀社により、棺にふたがされ、火葬場へ運び出すための準備が行われます。

そして、出棺の準備が整いましたら、棺を運び出します。 出棺においては、基本的には男性6人で行うのが一般的です。 出棺を行うときには、足を前方にするのが基本です。 霊柩車に棺を入れる際も、足を前方にし運び入れます。 霊柩車に運び入れたのちに、喪主からの挨拶があるのですが、 内容は後程詳しくみていくとして、その際の周辺知識を先に みていきたいと思います。

喪主が挨拶をするときは、遺族もそばで立ち合います。 そして、喪主は位牌を持ったまま、遺族は遺影を持ち、 会葬者の方へ、遺影を向けたまま、喪主のそばで立っていてください。 そして、喪主の挨拶がおわりましたら、火葬場へ移動します。 霊柩車や手配していたバス、車などになり、火葬場へ向かいます。

火葬場へは遺族、近親者や特に親しい人のみがむかい、 世話役やその他の仕事を任された人は、式場に残り、精進落としなどの 準備を行います。 それでは、続いては、喪主の挨拶についての注意や 盛り込んだ方が良い内容などについてみて行きたいと思います。

Calendar