任意売却の方が競売より有利

任意売却の方が競売より有利

自宅を購入した時に組んだ住宅ローンの返済ができなくなると、債権者は債務者の土地や建物を売却し、債権の回収を図ることになります。
債権を回収する方法には2つあり、1つは「任意売却」で、2つ目は「競売」による強制売却です。 任意売却というのは、債務者と債権者との話合いによって売却する方法のことであり、競売というのは、債権者が裁判所に担保不動産の競売を申し立て、裁判所の管理のもとで強制売却する方法のことです。 同じ売却でも、任意売却の方が競売より有利な点として、主に以下のことがあります。 ●任意売却は債権者や購入希望者との話し合いで売却できるため、ある程度納得した形で処理を進められますが、競売の場合は法的な強制力で行われるため、債務者の意思は考慮されません。
●任意売却の場合、売却価格は通常の住宅販売価格になりますが、競売の場合は換価が目的のため、売却価格が低くなりがちです。
●任意売却は個人的な売却であるため個人情報が知られることはありませんが、競売の場合はインターネットや新聞でも公表されるため、個人情報が公になります。
●任意売却では住宅の明渡し日など、話合いで決めることが可能ですが、競売の場合は期日が過ぎると、強制執行がされます。


自己破産の前に任意売却を検討しよう

借金でどうにも首が回らなくなってしまったという場合、任意売却よりも先に自己破産を検討する方もいることでしょう。
しかし、自己破産をする前に、まずは任意売却を検討することをおすすめします。 自己破産をすれば、全て勝手に処分されるのだから、こちらの負担はまったくない、と思っていませんか。 実はそれは大きな間違いで、自己破産をするにもお金がかかるのです。 特に自宅がある場合には、それは管財事件となります。 管財事件というのは、その人に資産がある場合の自己破産のことです。 管財事件の処理をするためには、予納金として200000円から500000円のお金を納めなければなりません。 お金で苦しんでいるのに、そのようなお金はなかなか捻出できません。 一方で、任意売却をするのに予納金というものは必要ありません。
任意売却は、前金のようなものを支払うことなく手続きをすることが出来るのです。 もちろん、任意売却が成立した暁には、仲介業者にお金を支払うというケースも出てきますが、自己破産よりはかなりお得です。

【神奈川県(横浜市)】 任意売却 横浜市
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/
任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区 任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/
任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎市
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Calendar