神奈川県(他市・町)の葬儀

神奈川県(他市・町)の葬儀

分骨の方法

分骨とは、ご遺骨の一部を別のお墓に埋葬することをいいます。

たとえば、郷里が遠く、そこに近親者や親類が多く住んでいる場合や法要のたびに墓地まで出向くのが困難だというケースや、故人の親がどうしても先祖と同じ墓に葬りたいなどという場合には「分骨」という方法をがあります。

分骨をする場合、ご遺骨の管理は、骨器1つに対して証明書が1通必要となりますので注意が必要です。分骨のための証明書は、遺骨の管理者により作成してもらうため、火葬の際に分骨する場合と火葬の後に分骨する場合とでは作成する遺骨の管理者も異なります。

火葬の際に分骨する場合は、火葬場にご遺骨を入れる骨器を2つ用意しなければなりませんので、葬儀業者に頼んでおいて下さい。一般的には、火葬場で分骨することが多く、この場合、火葬場に分骨する旨を伝えて申請書を提出しておけば、火葬場の管理者が分骨証明書を発行してくれます。

火葬場で分骨できなかった場合は、お寺や神社にお願いして分骨してもらうことになります。すでに埋葬されているご遺骨を分骨する場合もありますが、納骨の際に分骨する場合は、それを管理するお寺や霊園に申請書を提出すれば、分骨証明書を発行してもえます。分骨した遺骨と分骨証明書は、分骨する先のお寺や霊園に持参し埋骨してもらいます。

いずれの場合も、分骨したご遺骨と分骨証明書は必ずセットにして保存し、絶対に紛失しないよう大切に管理することが大切です。 また、分骨の際には、なるべく僧侶などに読経をしてもらいましょう。分骨を忌み嫌う方も少なくありませんが、分骨自体は決して悪いことではありません。仏教の世界では、弟子たちにより釈迦の骨は八ヶ所に分骨され、それぞれ手厚く供養されていたといいます。これこそ分骨の在り方のルーツだとも言えなくありません。

分骨をして郷里の墓などに葬るときは、もっとも血縁の深い二人以上の方ご遺骨を持つようにして下さい。移動手段は電車や飛行機、車などがあるでしょうが、どの場合も、ご遺骨は両手でしっかりと持ち、決してイスや網棚の上に乗せたりしないようにしましょう。トイレなどでやむを得ず席を離れる場合は、同行者に手渡して交替してもらいましょう。。

<ご参考:葬儀斎場>
相模原市の方は、火葬場併設の相模原市営斎場を利用する事が多いです。
横須賀市の方は、火葬場併設の横須賀市中央斎場を利用する事が多いです。
三浦市の方は、各式場から三浦火葬場を利用する事が多いです。
鎌倉市・逗子市・葉山町の方は、火葬場併設の小坪火葬場を利用する事が多いです。
大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の方は、火葬場併設の大和斎場を利用する事が多いです。
愛川町の方は、火葬場併設の愛川聖苑を利用する事が多いです。
厚木市・清川村の方は、各式場から厚木市斎場を利用する事が多いです。
藤沢市の方は、火葬場併設の藤沢聖苑を利用する事が多いです。
秦野市・伊勢原市の方は、各式場から奏野斎場を利用する事が多いです。
茅ヶ崎市・寒川町の方は、火葬場併設の茅ヶ崎市斎場を利用する事が多いです。
平塚市・大磯町の方は、各式場から平塚市聖苑を利用する事が多いです。
中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の方は、各式場から小田原市斎場・奏野斎場を利用する事が多いです。
二宮町・南足柄市・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の方は、各式場から小田原市斎場を利用する事が多いです。
城山町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・愛川聖苑を利用する事が多いです。
藤野町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・八王子市斎場を利用する事が多いです。

■ 神奈川県(他市・町)の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar